子供の大学費用の総額

学費の総額

子供の大学費用 の 総額は?

自宅から通う 文系4年制大学に進学するとした場合

まず受験を 国立1校+私立4校 受ける見積もって、 合計の受験料192000円程度。

そして合格後の 初年度納付金 は 130万程度。
ということで  初年度合計150万程度。

年間授業料文系の学費は、70万円位が多くなります。
※理系だと学費は 100万円位 学校に寄ります。

ざっくりと私立の場合、総額で文系は400万程度。 理系は700~900万の学費と言われています。

某F生命さんの資料によると、国公立と私立との大学生の費用総額の差は

私立文系の場合 548万円 
国立文系の場合 372万円との記述もあります。

大学により そしてその学部により、また、自宅通学・下宿暮らしの別など、学費は様々になりますので 大学費用は一概には言えませんが。

学費を安くする手段としては、公立大学だと地元出身者の入学金が安かったりもします。
http://passnavi.evidus.com/tokushu/money/

同じ公立を目指すなら、国立大学よりも県内の公立大学を目指すように子供を誘導するのも手ですね(^_^;)

学費が払えない!そんな時の奨学金あれこれ

さて、何より心配なのが、 入学後、家族に高額な医療費がかかるようになって、家計の状況が急変し、学費の支払いが出来なくなった時に、子供たちを退学へと追いやらないようにしてあげたいと思う点。

そこで、見つけた
奨学金 日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/

緊急・応急採用奨学金 は失職や病気事故などによって、家計が急変した人が対象。そのほか、大学独自の奨学金もあるそうです。中には、学費返還義務のない給付型奨学金の充実した大学もあるそうです。

受験する大学を決める際に、勿論子供たちの意向は大事ですが、 金銭的な事だって考るのは勿論のこと。この辺の奨学金制度は、学校を選ぶ際に 見ておきたいですね。

この奨学金制度、詳しくは こちらに書いてありました。

奨学金を受ける基準等詳細は こちら
http://www.jasso.go.jp/saiyou/daigaku.html#ysaiyoh

ただ、近年は返還できなくなる人が増えていると社会問題化されているので、利用はよ~く考えた方が良いと思います。

緊急時奨学金と大学学費保険について

また、家計の急変などにより学費が払えなくなり、緊急に奨学金の貸与の必要が生じた場合のため随時申し込みの出来る 「緊急時奨学金」を設けている大学もあるそうです。

また、地方自治体の奨学金もあるそうですが、 最初に出てきた 日本学生支援機構の奨学金と同時に使用できないとういことでなので、気を付けながら検討しておきたいですね。

奨学金の話は こちら http://passnavi.evidus.com/tokushu/money/04.html

年額払いの学資保険

あとは、先日の記事に出てきた、年額支払いの「いざという時の学費保険」これも安心の一つ。

●大学学費に関する保険
http://hoken.univcoop.or.jp/study/intro/index.html

学資保険の最新記事8件